キーワードは太陽

埼玉では太陽光発電を取り入れている企業が増えています。
もちろん家庭でも取り入れられています。
それゆえシステムの導入実績は全国で第2位になっています。
年間供給量は1,367テラジュールです。
ちなみに太陽熱利用は全国で第7位になっています。
年間供給量は1,487テラジュールです。
地球環境問題に真剣に取り組んでいる都市だと言えるでしょう。
どうして上位にランクインしているのかお分かりでしょうか、それはとても簡単な理由です。
太陽パネルは太陽の光を受けて発電をします。
キーワードは太陽です。
そう、全国規模で見て、日照時間が長いことが大きな鍵を握っているのです。
年間を通して雲のない快晴の日が51日もあるのです。
これは他県を抜いてダントツの第1位にランクインしています。
誇らしいことでしょう。
太陽の光は再生可能エネルギーと呼ばれていて、次世代エネルギーとしての期待が国内外でも高まっています。
新たな取り組みを始める企業も増えてきています。
有名なのが越谷市のイオンレイクタウンです。
ここには、487KWの太陽モジュールが設置されています。
年間の発電量は、約41万kWhです。
これを一般家庭に換算すると約80世帯に相当します。
あら不思議、CO2が年間で約13万kgも削減できてしまうのです。
これは県民全体、いえ国民を巻き込んだ大プロジェクトと言えます。
あえて買い物施設に設置することで、人々は少なからず興味を持つことでしょう。