太陽光発電には色々な会社がある

自宅などに取り付けをすることが出来ると確認をしたら、次にどのようなモジュールを取り付けるかを考えていきましょう。
屋根の上ですとか、屋上などに設置をすることが出来ると言いました。
ここで考えたいのが、せっかく取り付けをするのであれば発電が出来るようにしたいということです。
取り付けたのは良いが、全く発電をしないとかあまり発電をしないということでは意味がありません。
効率よく太陽の光をとりいれて発電をすることを考えましょう。
色々考えることが出来るのですが、はじめに向きについて考えていきたいです。
太陽の光を1番吸収することが出来る方角はどちらでしょうか。
南中をする時に1番太陽が高い位置にあります。
その観点から考えても南に設置をするというのが1番良いです。
よく南向きの部屋が明るいという話も聞きますね。
もし屋根が4面あり、それぞれ東西南北に向いているとしたら南に重点を置いて設置をしていきます。
そのほか西や東にも取り付けが出来ると言われています。
南に比べると発電量は下がってしまうのですが、発電が出来ないということではありません。
そして北についてはほとんど発電が見込めませんので、北に取り付けをすることは少ないです。
では南に取り付けをしたいと考えたが、取り付けが出来ない時にはどうすれば良いのでしょうか。
南以外の方角、西や東に取り付けをすることになるでしょう。
その際に南ではないので発電量が下がってしまう、西や東でも効率よく発電が出来ないかと考えませんか?
太陽光発電には会社があります。
モジュールの販売や制作をしているのですが、さまざまな会社がありどこにお世話になるのかを決めることが出来ます。
例えば西や東でも効率よく発電が出来ないかと考えた時に、
太陽の光の吸収が少なくても、その少ない量で沢山発電をしてくれるとしたらどうでしょうか。
南に向いている場合でも沢山発電をしてくれるのは嬉しいことです。
比較の材料にもなります。